多層押出成形部門

現代そして未来へ。多彩なニーズに対応する。

商品の多様化と共に、包材にも様々な商品のニーズに対応する特性が要求されます。当社では多機能性を生み出すため、従来の単層シートだけではなく、異なった特長を持つ樹脂を組み合わせて多層化し、それぞれの長所を併せ持った複合シートやフィルム、カット板の開発をおこない、そのニーズに対応しております。  また、リサイクル問題や資源の再生・有効利用、環境問題にも積極的に取り組み、塩ビ問題に対する軟質塩ビ代替シート・フィルム、硬質塩ビ代替A-PET多層シート・フィルム・カット板等をはじめ、植物由来の原料を用いた生分解性シート・フィルム並びに高い透明性と強度を実現したエコロンシート・フィルム等を開発し、さらには機能性に優れたバリアー性シート・フィルムや導電性シート・フィルム、医療用シート・フィルム等を当社独自の技術を生かして開発し、各方面の注目を浴びております。当社では、多層押出成形設備とそれにラミネート装置も加味した最新鋭の設備を導入し、原料の受け入れから、自動供給、乾燥、カラーリング、シーティング、巻き取り、カット及びスリットまでの徹底した合理化をおこない、最新のカメラ検知による品質保証機器をも導入し、一貫した高効率・高品質の生産体制をとっております。 こうして生み出された製品は、二次加工され、食品分野をはじめ、化粧品・トイレタリー関連、IT関連、医療関連、工業用途関連、ステーショナリー関連など近年成長の著しい分野にまで広範囲にわたり産業と暮らしを支えております。

生産設備