製袋・溶着部門

グローバルな生産体制と環境適性で時代のニーズに応える。

近年、環境問題への社会の関心は高く、プラスチック製品に環境適応を求めるニーズも日増しに強まっております。当社は過去より、リサイクルによる資源の再生・有効利用や環境対応製品の開発に取り組んでまいりましたが、この取り組みの一環として軟質塩ビ代替シート・フィルム(透明軟質オレフィン系シート)、硬質塩ビ代替のA-PET多層シート・フィルム・カット板を開発いたしました。これらの塩ビ代替シート・フィルム・カット板と当社海外工場における労働集約的作業のコストメリット、並びに工夫を凝らした設備、系統だった作業管理による安定した品質、瞬発力を持つ生産体制、さらには付属プラスチックパーツも含めての一貫生産が可能である等の特長を生かし、製袋(ウェルダー)製品やステーショナリー製品の開発にも積極的に取り組み、今や日本市場において質・量ともに大きな信頼と実績を持つ事業に成長いたしました。

生産設備